精力・精力剤に関する基本知識

オルニチンについて

オルニチン (ornithine) は、アミノ酸の1種で、尿素回路(オルニチン回路とも呼ばれる)を構成する物質の1つです。アミノ酸の中でも遊離アミノ酸という種類で、たんぱく質と結合せずに体内に一つの物質の状態で存在します。

アルギニンの分解によって生成され、その代謝で重要な役割を果たす物質です。オルニチンは、アルギニンと水との反応によって尿素と共に生成されます。また、オルニチンはカルバモイルリン酸との反応で、シトルリンとリン酸になります。

オルニチンは、主に肝臓で働き、その働きを助けます。体内に摂取されたオルニチンは腸で吸収され、肝臓や腎臓、筋肉などに運ばれます。

肝臓にたどり着くと、有害なアンモニアを代謝するオルニチン回路で働き、アンモニアの解毒を促進します。そのほかに、機能の低下した肝臓を保護したり、肝臓でのタンパク質合成作用を高めるなどの働きもします。

また、オルニチンは成長ホルモン誘導体であり、同じアミノ酸の一種のアルギニンとともにサプリメントに配合されることが多い成分です。

オルニチンは、成長ホルモンの分泌の促進や合成を行うと言われています。成長ホルモンの分泌が促進されると、筋肉や骨の強化になり、さらには基礎代謝を向上させることにつながります。

スポンサーリンク

効果

ここではオルニチンの効果を説明しています。

  • 成長ホルモンの分泌を促進
  • 筋肉の合成を増強
  • 成長ホルモンの分泌促進による、肌の老化や筋肉・骨の強化、またそれによる基礎代謝の向上効果がある

  • 体脂肪の減少(ダイエット効果)
  • 成長ホルモンの働きや基礎代謝の向上による、脂肪燃焼効果を高める働きがある

  • 肝機能を高める
  • 肝臓における代謝や有毒物質(主にアンモニア)の解毒を促進し、肝臓疲労や全身疲労の回復効果がある

  • 二日酔いの予防や改善
  • 肝機能の強化、およびアルコールの分解のサポートやアンモニアの成分の解毒効果がある

  • 美容効果(美肌効果)
  • 肝機能の回復による代謝向上や老廃物の排出、疲労回復やストレス解消によって、肌の調子を良くする効果がある

ちなみに、オルニチンの摂取量の目安は、1日あたり約400~1000mgくらいと言われています。また、肝臓の健康を維持するなら約1000~1500mg、脂肪燃焼効果によるダイエット効果を期待するなら約2000~3000mgほどと言われています。

副作用

オルニチンはアミノ酸であるため、特に副作用はないといわれています。

含まれる主な食品

オルニチンは普段摂取している食品にも含まれています。しかし、たんぱく質を構成する他のアミノ酸に比べると、食品からの摂取が難しいアミノ酸です。

ただちゃ豆(山形県鶴岡市周辺の枝豆の品種)やシジミ、エノキタケには比較的多く含まれていますが、その他の食品ではわずかな量しか含まれていません。

最近では、本しめじにシジミの約6倍、100gあたりでシジミ約700個分相当のオルニチンが含まれていることが判明しました。

食品別含有量     (100gあたり)  (食品100gの目安)

  • 本しめじ      約140mg      3~4本ほど
  • ただちゃ豆     約20~40mg
  • シジミ       約10~15mg    30~35個ほど
    ※-4℃で保存し、再び常温に戻すと、オルニチンが増加するという研究結果がある
  • エノキタケ     約14mg      1.2袋ほど
  • ハダマグロ     約2~7mg     さしみで7~10切れほど
  • チーズ       約1~8mg     スライスチーズで5~6枚ほど
  • ヒラメ       約1~4mg     切り身で1切れほど
  • パン        約0.5mg      6枚切りのトーストで2枚ほど

この様に、食品に含まれている量は多くありません。

仮に、1日の目安摂取量(約400mg~1000mg)を、シジミ30個で10mgとして計算すると、シジミを1日に1200~3000個ほども食べないといけなくなります。しかし最近では、オルニチンも有名になってきたので、オルニチンが配合された加工食品も販売されています。

まとめ

オルニチンの効果は大別すれば、「肝臓に良い」「成長ホルモン分泌促進」の2つと言われています。特に肝臓は、身体の中でも様々な働きを持った非常に重要な臓器で、代謝や解毒、老廃物の分解などの身体の調子に関する大切な機能を持っています。

「肝心」などの言葉からもわかるように人体にとって非常に重要な肝臓ですが、現代人はストレスや飲酒などで知らない間に肝臓が弱っている場合が多いのです。

しかし、肝臓は「沈黙の臓器」の通り、よほど悪化しない限り症状の出ない臓器です。なので、日ごろからいたわってあげなければなりません。

オルニチンは、肝臓全体に対して良い効果をもたらすため、なるべく日ごろから意識して摂取した方が良い栄養素です。

オルニチンは元々、体内に存在し生産されていますが、その量は微量です。足りない分は摂取しなければなりませんが、食品中に含まれる量は少なく、必要な量や健康効果を実感する量を食品で摂取しようとすると、非常に大量に食べなければなりません。

しかし、量的に見ても、金銭的に見ても現実的ではありません。ですので、最近では、オルニチンを配合した健康食品や栄養補助食品、サプリメントなどが販売されています。

日ごろからよく飲酒をしたり、ストレスなどで肝臓が気になる場合は、医師に相談するとともに、こういうものをうまく使っていきたいものです。

余談ですが、オルニチン単体では過剰摂取による副作用などは報告されていませんが、栄養補助食品やサプリメントなどは、他にも成分が含まれている場合があるので、過剰摂取すると他の成分の副作用が発生する場合があるので気をつけましょう。

神器:"精力増強"の加護を受ける「ヴィトックスα」

"男性の威厳を取り戻す"
この一点においてヴィトックスαの右にでるものはないだろう。
100種類以上の有効成分をいれ、さらに長寿遺伝子をサポートするレスベラトロールを配合。
強壮剤として必要な成分を十二分に詰め込んでいる。
日々の活力に悩んでいれば、私としてはすぐに手にとってほしい武器だ。

【キャンペーン】
・+1箱プレゼント
・ヴィトックス リキッド プレゼント

【商品料金】
・1箱→12,800円
・2箱→24,550円
・3箱→34,560円
・5箱→51,200円

【特徴】
・国内男性向け通販サイト、25ヶ月連続売上No.1
・満足度96.5%
・実感速度、平均5日
・注文後2〜5日で届く

【デメリット】
・配送料がかかる
→沖縄・島を除き一律600円

【精志郎が物申す】
ヴィトックスαを手に取ろうとしているキミに2つ助言がある。
1つ目は、効果を望むのなら1日2粒を摂取すること。
2つ目は、もし手に取るなら3箱がベストだ。(キャンペーン中だと4箱になる)
実感速度が平均5日とあるが、個人的な経験だと正直2週間ほどかかった。
1ヶ月くらいでやっと「これはいい強壮剤だ」とかなり実感できた。
2ヶ月目で漢としての威厳を味わってほしい。
キミの健闘を祈る。

-精力・精力剤に関する基本知識

© 2020 とある三十路の反退精力(レジスタンス)