セックスと精力の悩み

あなたは大丈夫か?セックスレスの主な原因

セックスレスとはパートナー間でセックスがなくなってしまうことを言います。

これが特に問題がないのならいいのですが、実際には様々な問題に発展することがあります。

セックスというのは一種のコミュニケーションです。コミュニケーションがなくなることは、大概の場合において人間関係に影響してきます。

ストレスが溜まったり、意思疎通が上手くいかずに喧嘩になったり、最悪の場合は別れ、結婚している場合なら離婚という自体に発展することも珍しくありません。

このようなセックスレスとはどのようにして起きてしまうのでしょうか。ここではその原因についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

原因の前に知っておいて欲しいこと

セックスレスになる場合、その原因は相手にあると考えがちになることも珍しくありません。

しかし、そうだと決め付ける前に、本当にそうなのかということを一度冷静に考えていただきたいと思います。

セックスレスはもちろん相手が原因の場合もありますが、自分が原因であることも意外に多いです。また、片方だけではなく両方に原因がある場合もあります。

これは主観では判断しにくいことがあるので、一度客観的に関係を見つめなおし、お互いによく話し合うことが大切です。

これだけでも、解消は出来なくてもお互いの関係性をある程度修復することは可能なのではないかと個人的には考えています。

話し合いもなく一方的に意見を押し付けたり、原因が相手にあると決め付けることは良くありません。これはセックスレスに限った話ではなく、対人関係全てにおいて言える事ではないでしょうか。

もし話し合いをしても解消しないのであれば専門家に相談するほうがいいでしょう。自分達だけで何とかしようとすると、非常にストレスが溜まりますし、逆に揉めてさらに関係が悪化するという恐れもあります。

冷静な第三者に客観的に見てもらうことで、自分達だけでは気づかなかったことが見えてくるかもしれません。

何事においても考えすぎや無理はよくありません。自分達の手に負えないと感じたらカウンセリングを受けることをオススメします。

セックスレスの原因

セックスレスになる原因ですが、それには精神的なものと肉体的なものがあります。

肉体的なものは、努力したり、精力剤(男性用活力サプリメント)などのサプリメントを利用すれば解決することもありますが、精神的なものは解消するのがなかなか難しいため自分達ではどうにもならない可能性があります。

その場合は一人で抱え込まず、カウンセリングなどに相談するほうがいいでしょう。

パートナーを異性として見れなくなった

これはあることをキッカケとして、パートナーのことを異性として見られなくなりセックスレスになるという場合です。

例えば男性の場合、子供が生まれたことをキッカケとして、パートナーへの認識が彼女や妻などの「女性」ではなく母親へと変化する、つまり性的な対象として見られなくなるという場合があります。

これには他にも、兄妹や姉弟の様な関係に変化する場合や、愛らしいマスコットの様な存在に変化する場合など、複数のパターンがあります。

さらに、お互いの仲が非常に良い場合は、精神的なつながりだけで満足し、肉体的(性的)な接触が必要なくなると感じる場合があります。

この場合はお互いがそういう認識ならば、どちらもストレスを感じることなく「自然なセックスレス」になるので、円満なセックスレス関係になることもあります。

これらの要因はつまり、認識が変化するというものです。このような場合は後述の嫌悪感につながる事があり、性嫌悪障害という精神障害に発展することがあります。

パートナーへの不満や不安

パートナーに対して不満や不安がある場合、する気が起きない、したくても言い出せないなどの理由でセックスレスになる場合があります。

例えばパートナーの外見や内面が急激に変わってしまったりするとそれを不満に思い、やる気がなくなったり、そもそも性欲が湧かなくなったりといったパターンがあります。

不安の場合は、誘っても断られるのではないか、失敗したらどうしよう、嫌われないだろうかといった不安によって、したいのに言い出せない、誘えないといった感じです。

不満に関しては、これも後述の嫌悪感につながる事があり、性嫌悪障害という精神障害に発展することがあります。

また不安の場合は、男性はストレスによって心因性のED(心が原因で起こる勃起不全)になる危険性もあります。

パートナーや性的な物事に対する嫌悪感

このセックスレスは、そもそもパートナーを嫌いになってしまった場合や、パートナーのことは好きだが教育や過去のトラウマなどの何らかの要因で性的な物事に対して嫌悪感がある場合に発生します。

嫌いな人とセックスしたいとは思いませんよね?パートナー自体のことを嫌いになってしまったのなら、セックスレスになるのは当然といえるでしょう。

また後者の、パートナーのことは好きだが教育や過去のトラウマなどの何らかの要因で性的な物事に対して嫌悪感がある場合。

こういった嫌悪感を性嫌悪といい、これによって人間関係に何らかの支障が出る状態を性嫌悪障害と呼びます。この性嫌悪障害は精神障害の一種として定義されています。

性嫌悪障害は女性がなる場合が多く、数年前までは女性特有の精神障害といわれていましたが、現在では男性の性嫌悪障害も急増しています。

先ほどの、異性として見れなくなった場合や不満感を持っている場合も性嫌悪障害になることがあります。

異性として見れなくなった場合はいわゆる「家族愛」のようなものになっている場合が多いので、家族とセックスするという発想に嫌悪感が出ます。わかりやすい例で言うと自分の両親を思い浮かべてください。両親とセックスできますか?無理ですよね。それと同じような心理状態です。

不満感の場合は、その気持ちが強く出てしまうと相手と性的接触はしたくないという気持ちが強くなり、性嫌悪障害になることがあります。

ただ性嫌悪障害について間違えて欲しくないのは、性嫌悪障害は気持ちがコントロールできない状態なだけであり、決して相手(パートナー)に興味がなくなったという事ではないという事です。

これは覚えておいてください。

体力や精力がなくなった

今までの原因は精神的なものでしたがこちらは肉体的な原因でセックスレスになる場合です。

基本的には老化による更年期障害の症状ですが、ストレスの多い環境や不健康な生活、食生活の乱れや良くない生活習慣などによって、近年では若者にもこういった症状が増えています。

こういったものは精神的な要因とは違い、比較的簡単に解消できる場合があります。

例えば運動をしたり、生活を見直したりといったことや、精力剤(男性用活力サプリメント)などのサプリメントで不足している栄養素を補ったりといったことも効果的です。

まだまだ若いのにこういった症状が出てしまうことは男性にとって非常に傷つくことです。そのストレスで心因性ED(心が原因の勃起不全)を発症することもありますので、早めの対策をするようにしましょう。

まとめ

セックスレスの原因は精神的なものが多いため、簡単には解決しない、または解決法がわからないことも多いですが、それでも諦めず根気よく改善を目指すしかありません。

関係性の悪化がどこまで進んでしまっているかにもよりますが、改善を諦めたらそれと同時にお互いのパートナーとしての関係性も終わってしまう可能性もあります。

お互いを大切に思っているのなら決して諦めてはいけないと思います。

また問題の解消は早ければ早いほど傷も浅く、解決しやすいといわれていますので、なるべく早く手を打つことをオススメします。

神器:"精力増強"の加護を受ける「ヴィトックスα」

"男性の威厳を取り戻す"
この一点においてヴィトックスαの右にでるものはないだろう。
100種類以上の有効成分をいれ、さらに長寿遺伝子をサポートするレスベラトロールを配合。
強壮剤として必要な成分を十二分に詰め込んでいる。
日々の活力に悩んでいれば、私としてはすぐに手にとってほしい武器だ。

【キャンペーン】
・+1箱プレゼント
・ヴィトックス リキッド プレゼント

【商品料金】
・1箱→12,800円
・2箱→24,550円
・3箱→34,560円
・5箱→51,200円

【特徴】
・国内男性向け通販サイト、25ヶ月連続売上No.1
・満足度96.5%
・実感速度、平均5日
・注文後2〜5日で届く

【デメリット】
・配送料がかかる
→沖縄・島を除き一律600円

【精志郎が物申す】
ヴィトックスαを手に取ろうとしているキミに2つ助言がある。
1つ目は、効果を望むのなら1日2粒を摂取すること。
2つ目は、もし手に取るなら3箱がベストだ。(キャンペーン中だと4箱になる)
実感速度が平均5日とあるが、個人的な経験だと正直2週間ほどかかった。
1ヶ月くらいでやっと「これはいい強壮剤だ」とかなり実感できた。
2ヶ月目で漢としての威厳を味わってほしい。
キミの健闘を祈る。

-セックスと精力の悩み

© 2020 とある三十路の反退精力(レジスタンス)