セックスと精力の悩み

見過ごせない問題!セックスレスの場合の離婚率

セックスレスはパートナー間において大きな問題になる可能性のあるものです。

その最たるものが別れ、夫婦間で言うなら離婚というものではないでしょうか。結婚において将来を誓い合った二人が別れてしまうというのは非常に悲しいことですし、そういった精神面以外でもとても大きなダメージを負うものです。

近年セックスレスの夫婦はどんどん増加傾向にあるようですが、そのセックスレスの最悪の状況、つまり離婚というところまでたどり着いてしまう確立はどれほどのものなのでしょうか。

ここではセックスレスになった場合の離婚率はどれぐらいになるのかという疑問について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

セックスレスの割合

セックスレスの離婚率の前に、そもそもセックスレス自体の割合というのはどれほどなのか、ということをご紹介しようと思います。

日本性教育協会というところが発行している現代性教育ジャーナルという資料に、「第7回男女の生活と意識に関する調査」というものの結果が記載されています。

それによると既婚者のセックスレスの割合は2004年から毎年増え続けており、2014年には既婚者の44.6%もの割合が「一ヶ月間セックスをしなかった」(=セックスレス)という結果が出ています。

また同資料の中に朝日新聞が2001年に行った「夫婦1000人に聞く」というインターネット調査の結果と「男女の生活と意識に関する調査」の過去の結果が記載されており、それによるとセックスレス割合は、朝日新聞調べで2001年28.0%、以下全て「男女の生活と意識に関する調査」調べで2004年31.9%、2006年34.6%、2008年36.5%、2010年40.8%、2012年41.3%、2014年44.6%となっています。

【参考資料】
現代性教育ジャーナル(日本性教育協会)(5ページ参照)

全既婚者の半数近くがセックスレスです。この調子で増え続けているのなら今年(2016年)には50%の大台に突入してしまっているのではないでしょうか。

離婚率とは?

さてセックスレスの場合の離婚率ですが、残念ながらこれは具体的な数字を書いている資料を見つけられませんでした。

そもそも離婚届には離婚理由を書く項目がないために正確な統計が取れないので、統計情報自体が存在しないようです。

しかし離婚調停の申立ての際には理由が必要になります。

そのため離婚理由を記載するのですが、これは離婚調停の申立ての際に理由が必要というだけで書くものであり、内容は自己申告みたいなので、統計的に正確性は低く、また書く人によっては複数のそれっぽい理由に分散する可能性があります。

ですが他に資料もありませんし、正確性は低いですが、申立ての際に記載する離婚理由の中から、セックスレスが関係ありそうなものを探してみました。

離婚理由のトップは男女ともに「性格の不一致」となっており、夫側の申し立てが61.4%、妻の申し立てが約40.9%あります。

もちろん性格の不一致というのは非常にふわっとした表現ですので、セックスレスだけを指すわけではありませんが、「性に関する性格が合わなかった」ということも含むの可能性があると思います。

また、離婚理由の男性で4位(15.3%)、女性で5位(18.7%)の異性関係や、男性6位(13.6%)、女性9位(7.9%)の性的不調和にもセックスレスは含まれていそうな気がします。

名前だけ見ると性的不調和が一番有力そうですが、異性関係もセックスレスが関わっていそうです。異性関係とは浮気などを指しますが、セックスレスになると浮気に走る可能性が高くなるそうです。

ということで、性格の不一致、異性関係、性的不調和辺りかなと思うのですが、それでもやはり正確な割合はわかりませんでした。

【参考資料】
「性別離婚申し立ての動機別割合の推移(1975-2014)」司法統計年報(2014)

セックスレス=離婚ではない

セックスレスになったからといって離婚するとは限りません。

お互いが精神的なつながりで満足し、肉体的なつながりが不要と考えるのであれば、どちらもストレスを感じることなく「自然なセックスレス」となり、円満にお互いの関係を維持することもあります。

またセックスレスは努力によって克服できる場合があります。問題の解消は早ければ早いほど傷も浅く、解決しやすいといわれていますので問題を放置せず、解決するために話し合ったり、カウンセリングを受けたりすることで離婚の可能性はだいぶ下がるのではないでしょうか。

ですので、セックスレス=離婚と考えてしまうのは早計だと思います。しかし、だからといって基本的には放っておいていい問題ではありませんので、お互いに相手を尊重し、よく話し合い、共に解決に努めることが大切です。

まとめ>

結局、離婚率についてはわかりませんでしたが、そもそも統計としてのデータが存在しないのであれば仕方がありません。

まあ、やたらと数字だけ見ても焦るだけですし、かえってこの方が余計な不安感を煽ることがないのでよかったのかな、と思ったりもしています。

皆さんも数字だけ見て余計な不安感を持つことは止めましょう。セックスレスになったからといって全てが終わるわけではありません。

十分に取り返すことは出来ますので、大切なパートナーのことを思いやり、お互いに協力して乗り越えていきましょう。

私は一体何を書いているのでしょうか。(笑)

神器:"精力増強"の加護を受ける「ヴィトックスα」

"男性の威厳を取り戻す"
この一点においてヴィトックスαの右にでるものはないだろう。
100種類以上の有効成分をいれ、さらに長寿遺伝子をサポートするレスベラトロールを配合。
強壮剤として必要な成分を十二分に詰め込んでいる。
日々の活力に悩んでいれば、私としてはすぐに手にとってほしい武器だ。

【キャンペーン】
・+1箱プレゼント
・ヴィトックス リキッド プレゼント

【商品料金】
・1箱→12,800円
・2箱→24,550円
・3箱→34,560円
・5箱→51,200円

【特徴】
・国内男性向け通販サイト、25ヶ月連続売上No.1
・満足度96.5%
・実感速度、平均5日
・注文後2〜5日で届く

【デメリット】
・配送料がかかる
→沖縄・島を除き一律600円

【精志郎が物申す】
ヴィトックスαを手に取ろうとしているキミに2つ助言がある。
1つ目は、効果を望むのなら1日2粒を摂取すること。
2つ目は、もし手に取るなら3箱がベストだ。(キャンペーン中だと4箱になる)
実感速度が平均5日とあるが、個人的な経験だと正直2週間ほどかかった。
1ヶ月くらいでやっと「これはいい強壮剤だ」とかなり実感できた。
2ヶ月目で漢としての威厳を味わってほしい。
キミの健闘を祈る。

-セックスと精力の悩み

© 2020 とある三十路の反退精力(レジスタンス)