精力・精力剤に関する疑問

精力減退の対策方法

精力減退は男性にとって非常に重大な問題です。「最近精力が無くなってきたかも、、、」という方のために代表的な対策方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

生活の見直し

精力減退には健康が大きく関わっています。体は何においても資本というわけです。自身の健康状態の改善によって弱まってしまった精力を改善させることが出来ます。

食事

食事は規則正しく、バランスの良い食生活を心がけましょう。栄養素が偏ると様々な病気、例えば生活習慣病などにかかるリスクが増加します。生活習慣病はED(勃起不全)の原因の一つと言われています。

また、バランスの悪い食生活は病気だけではなく、栄養不足も引き起こします。その中にはもちろん精力に関係するものも存在します。

例えばアミノ酸の一つであり、「スーパーアミノ酸」などと呼ばれる事もあるシトルリンが不足すると、血管の健康を損ねたり、動脈硬化や血流の悪化などを招きます。

その結果、勃起力の低下を招く恐れがあり、間接的にEDなどの原因となる可能性があります。さらにシトルリンは、精力にとって非常に重要な、「男性ホルモン(テストステロン)」の分泌を促すアルギニンを体内で生成する際の原料にもなります。

つまりシトルリンが不足すると、EDになる可能性が高まり男性ホルモンの分泌も減少してしまうということです。

また「セックスミネラル」と呼ばれる亜鉛も不足しやすい栄養素です。亜鉛は精子の原料になったり生殖機能の発達や維持などの精力関係のほかに、免疫力の向上や味覚の正常化などの役割も持っています。

これらのような栄養素の不足は、精力の減退だけではなく健康そのものに悪影響を及ぼす可能性があります。

しかしこれらの栄養素は、バランスの良い栄養摂取を心がけていても不足しやすいものです。食生活の改善も大切ですが、難しいようならサプリメントや精力剤(男性用活力サプリメント)の使用を検討してみましょう。

【栄養素についての関連記事】
オルニチンについて
シトルリンについて
亜鉛について

睡眠

睡眠は体の休息であるだけでなく、実は全身のメンテナンス作業でもあります。体の各臓器や機能だけでなく、脳の記憶の整理や、自律神経などの神経系のメンテナンスも行っています。

この睡眠が不足すると、EDや性欲の低下、体力の衰えなどの症状を引き起こします。また神経系のメンテナンスも出来ない状態なので、脳からの男性ホルモン分泌の命令が伝わりにくくなったり、イライラしたり極端に落ち込んだりと精神的にも不安定になりやすくなります。

これによる弊害として、自分の彼女・奥さんなどのパートナーや身の周りの人との人間関係悪化、心因性(精神的な原因)の性機能障害を引き起こす可能性があります。

また新陳代謝も悪化するので血流が悪くなり、器質性勃起不全(肉体的な原因のED)の危険性が増加しますし、体の各機能や免疫力も低下するので病気にかかりやすくなります。そしてその病気によってさらに性機能が低下し、その結果、精力が減少し、、、、という風に悪循環を引き起こす可能性があります。

睡眠不足というのは、言ってみれば、まともに整備されていない自動車を運転しているようなものです。いつ、不具合を発生し、壊れるかわかりません。

そんな車、怖くて乗れませんよね?

しかし私たちの体は車と違って乗り換えることが出来ません。ですのでメンテナンス、つまり睡眠は健康のためにも精力のためにも、しっかりと取るようにしましょう。

※睡眠については健康的な生活に欠かせない睡眠と精力の関係性とは?の記事で詳しく紹介しています。

運動

現代人に多い運動不足はもちろん精力に対しても良くありません。運動不足になると男性ホルモンの分泌量が低下したり、代謝の低下やそれによる血流の悪化を招きます。そしてそれらは勃起力や勃起の維持力の低下などの、性機能の低下に繋がります。

また、運動にはストレスの発散効果があるのですが、適度な運動が行えていないとそのストレスを溜め込みやすくなります。ストレスによって性欲の減少などの悪影響が出る可能性があります。さらに肥満などの健康状態の悪化を招き、生活習慣病の原因にもなりえます。

現代に生きる我々には、運動をする時間を作るということはなかなか難しいことです。しかし、スポーツのような激しい運動でなくとも、日常の中で少し意識するだけでも運動量というのは増やせます。

例えば

  • エレベーターなどを使わず階段を使う
  • 近くの距離ならば自転車などは使わず歩く
  • 電車などではなるべく座らずに立つ

といったことを日常で意識的に行うだけで運動量は増やすことが出来るのです。

半日や丸一日時間を作って運動をすることに比べれば、かなり現実的ですよね?

こういった工夫は他の場面でも考えられると思います。ちょっと工夫するだけで、健康や精力の減退を食い止められる可能性があるのですから、是非、取り入れてみていただきたいと思います。

※運動については精力減退と運動不足についての記事で詳しく紹介しています。

悪い生活習慣の改善

食事や睡眠などは生きる上で必要な事なので、たとえ悪い習慣が付いていても、改善するしか方法がありません。しかしそれとは違い、こちらの悪い習慣は止める事が出来ます。つまり悪影響を与えている要素を根元から断つことが出来るのです。これらの習慣を止める事によって精力の減退を防ぐことが出来ます。

タバコ

タバコの害というと呼吸器系疾患やガンなどが有名ですが、精力にもよくありません。

タバコに含まれるニコチンには血管の収縮作用があり、特に毛細血管はタバコの煙を吸った瞬間に血液が通らないほど収縮します。これにより血流が悪化し、EDのリスクが増加するといわれています。

またタバコは体内で分解される際に、ビタミンやミネラルを消費します。そのため体や精力にとって必要な栄養素が不足するという自体を招きます。さらには精子にも悪影響を与えると言われており、数の減少や運動率の低下、DNA構造が傷つけられると言われています。

タバコの人体への有害さは、「百害あって一利なし」とも言われるほどです。今は禁煙外来などもありますので、是非、禁煙を始めてることをオススメします。

※タバコについては精力減退とタバコ(喫煙)についての記事で詳しく紹介しています。

飲酒

アルコールはごく少量なら精力にとってよい効果があります。ストレスを緩和し、精神的なリミッターを下げるため性欲の向上や、血行促進によって勃起力の向上効果が期待できます。

しかし大量に飲むと逆に悪影響を発生します。

脳や神経が麻痺することによって勃起の命令などが伝わりにくくなるため、勃起しにくくなったり中折れを発生しやすくなります。またそれは性欲の減少なども引き起こします。

さらに肝臓に負担をかけることでスタミナが減少し、またその肝臓で分解される際に大量にビタミンやミネラルを消費するため、栄養不足を引き起こし性機能の低下を招きます。人によっては飲酒をすると眠たくなってしまうため、セックスどころではなくなってしまうかも知れません。

酒は飲んでも飲まれてはいけません。飲酒は適切な量にするか、控えるようにした方がよいでしょう。

※飲酒については精力減退と酒(飲酒)についての記事で詳しく紹介しています。

ストレス

現代はストレス社会といわれるほど多くのストレスを受けます。ストレスが溜まると血流が悪化し、栄養素や老廃物が流れにくくなったり、疲労が蓄積するなどの影響があります。その結果、勃起しにくくなったりEDを引き起こすといわれています。

また栄養素が体内を巡りにくくなることは、精力に関係したホルモンや精子の生成などに影響を与え、性機能を低下させます。さらには老廃物の蓄積によって疲労が溜まり、スタミナが減少したり性欲の低下などの原因になります。

そういった肉体的なものだけではなく精神的な影響もあります。気持ちがネガティブになりやすくなるため、精神的なものが原因の性機能障害、つまり心因性のEDなどに繋がりやすくなります。

現代は身の回りに様々なストレスが多く存在しますが、だからこそ積極的にそれらを解消する努力が必要です。

※ストレスについては精力減退とストレスについての記事で詳しく紹介しています。

オナニー方法の改善

性欲は生物ならば当然持っている欲求です。その性欲の解消はパートナーと行うセックスだけではなく、一人で行うことも出来ます。

それがオナニーです。

パートナーがいない場合はこちらの方が行う機会は多いでしょう。しかしこのオナニーは間違った方法で行っていると、様々な弊害を発生することがあります。

悪いオナニー

例えば刺激の強いマニアックなAV(アダルトビデオ)などを見てオナニーを行っている場合、そのような特殊なシチュエーションでないと興奮できなくなります。

これによって、実際に女性の膣で射精するというイメージも失われるため、通常のセックスでは興奮しなくなったり満足できなくなり、勃起しなくなったりEDに発展する恐れがあります。

また、足ピンオナニーも、繰り返していると足をピンと伸ばして下半身に力を入れられる体勢以外では射精できなくなる恐れがあります。

これらとは違い、普通に手で握ってするオナニーでも気をつけなければならない事があります。

例えば強く握りすぎてオナニーをしていると、実際の女性の膣内に比べて非常に強い刺激を受けるため、そのような強い刺激でないと射精出来なくなる可能性があります。

つまり、女性の膣内では気持ちよくなれず最後までいけなくなる(膣内射精障害)ということです。これは強く握りすぎる以外にも、壁や床にこすり付けてするオナニー(壁オナニー、床オナニー)も同様です。

このような間違ったオナニーは止めて正しい方法に直す事で、これらのような様々な症状が改善される可能性があります。

良いオナニー

では正しいオナニーとはどのようなものでしょうか。

正しいオナニーとは、「実際のセックスに近いイメージで、女性の膣以上の過度な刺激を与えないオナニー」を指します。

具体的な方法ですが、まず強く握らないことです。男性の握力はおよそ40kg程が平均ですが、実際の女性の膣圧は3~4kg程度と言われています。

少し強く握っただけで簡単に超えてしまう圧力です。強く握ってすることに慣れてしまうと膣内射精障害になる可能性がありますので、極力、力は抜いて握りましょう。

また一回のオナニーで20~30分以上はかけるようにしましょう。短時間での発射が癖になってしまうと、勃起の持続力不足による中折れや早漏の原因になってしまいます。

さらに短時間で射精するということはそれだけ刺激が強いということでもあります。それは先ほどの悪いオナニーで挙げた、強く握るオナニーや床オナニーと同様の弊害を発生する可能性があるということです。

他には、オナニーに使用するネタ(いわゆるオカズ)にはなるべく妄想を用いるようにしましょう。これは実際のセックスと異なるイメージで興奮しないためです。AVなどを見てのオナニーは実際のセックスのイメージとかけ離れる場合があり、膣内射精障害になる可能性があります。

「AV(アダルトビデオ)を見ながらオナニーをすると、本番のセックスで快感を得られなくなる可能性がある」という医師の報告もあるようです。なるべく何も見ずに、自身の想像力を使ってオナニーをしましょう。

オナニーの改善が自分では難しい場合には、オナホールを使用するという手もあります。オナホールには実際の女性の膣内の再現したものがあります。実際に医療現場では、膣内射精障害の治療にオナホールが使用されています。

ただし、もしオナホールを使う場合には気をつけなければならない点があります。それは、より実際の膣内に近い製品を選ぶということです。

オナホールの中には刺激を追及し、実際の膣内に比べてとても強い刺激を与える物も存在します。こういったものは意味がありませんので気をつけましょう。

※オナニーの方法にはあなたの方法は大丈夫?正しいオナニーと間違ったオナニーの記事で詳しく紹介しています。

精力剤(男性用活力サプリメント)の利用

精力減退を防ぐ、精力や性機能を増強させたり改善したりする方法として、最も一般的で認知度が高いのはこの方法ではないでしょうか。

精力剤(男性用活力サプリメント)とは、栄養素や医薬品成分によって健康や性機能を改善させる薬やサプリメントの総称です。今まで挙げた方法の中では、「生活の見直し」の項目の「食事」に該当するものが多いです。

この精力剤(男性用活力サプリメント)は手軽に利用できるのが利点ですが、利用の前に種類について知っておかなければなりません。ここを間違えると重大な健康被害を引き起こす可能性があります。

精力剤(男性用活力サプリメント)の種類

  • 強精剤(性ホルモン剤)
  • 性ホルモンに働きかける、または性ホルモンそのものを摂取する事により直接的に精力の増進をはかる物です。
    強壮剤とED治療薬の中間のような物で、主に栄養成分と医薬品成分で構成されています。

  • 強壮剤(滋養強壮剤)
  • 各種栄養素や漢方を使用し、滋養強壮や健康増進を図る事により体に活力や元気を取り戻し、間接的に精力の増進をはかるという物です。つまり、「元気を取り戻すことで精力を改善しましょう」というものです。
    主に栄養成分や健康食品(漢方など)で構成された健康サプリメントで、普通のサプリメントと違うのは、精力剤(男性用活力サプリメント)はより性機能に効果的な配合になっているという点です。

  • ED治療薬(勃起薬)
  • ED(勃起不全)や性機能の低下を改善するために開発された治療用医薬品です。これは薬ですので、主成分は医薬品成分で構成されています。

※精力剤(男性用活力サプリメント)の種類については精力剤(男性用活力サプリメント)の種類別まとめに詳しく記載しています。

どれを選択すべきか

この三種類のうちのどれを選択するかという事ですが、これは「強壮剤」一択になります。

何故なら、その他の強精剤、ED治療薬は医薬品成分が含まれているのですが、その医薬品成分は劇薬に指定されているものだからです。

劇薬だから悪いというわけではありませんが、知識のない者が素人判断で気軽に使用するものではありません。医師によって診察してもらい、処方してもらうものです。適当に使用した場合は重大な健康被害をもたらす場合があります。

また近年、ED治療薬などはネットでも購入できますが、ネットで販売されているものは粗悪品や偽造品が多く、さらに効果があるのかどうかも定かではなく、健康被害のみをもたらす可能性すらあります。実際、これらの粗悪品が原因で死亡したと思われる事件も発生しています。

そもそも劇薬は、取り扱うのに医師免許や薬剤師免許などが必要となるものです。ネットでの販売者が全員これらの免許を持っているとは思えません。

その点、強壮剤は「栄養素のみで構成された栄養サプリメント」であり、他のものに比べて非常に安全といえるでしょう。また「栄養素によって健康状態を改善することで精力を回復する」というものなので、精力だけでなく健康状態の改善も見込めます。

体や精力に必要な栄養素の中には、日ごろから栄養バランスに気をつけていてもなかなか摂取の難しいものもあります。そういった成分を補う物がサプリメントであり、これらを上手く活用することで健康や精力を取り戻せる可能性があります。

もし精力剤(男性用活力サプリメント)を使用するのなら強壮剤を選ぶようにしましょう。症状が非常に重い場合やどうしてもED治療薬を使用したい場合は、ネットでは購入せずに必ず病院で医師に相談しましょう。

※強壮剤については強壮剤についての記事で詳しく紹介しています。

まとめ

様々な方法をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。もちろんこれらの方法がすべて効果があるわけではありません。人によって精力減退の原因は違いますし、改善方法との相性もあるでしょう。

しかし改善に向けて何かしらの行動を起こさなければ、確実に症状は進行していきます。今回のこの記事が、精力が無くなってきていると感じる方の何らかのきっかけになれば幸いです。

神器:"精力増強"の加護を受ける「ヴィトックスα」

"男性の威厳を取り戻す"
この一点においてヴィトックスαの右にでるものはないだろう。
100種類以上の有効成分をいれ、さらに長寿遺伝子をサポートするレスベラトロールを配合。
強壮剤として必要な成分を十二分に詰め込んでいる。
日々の活力に悩んでいれば、私としてはすぐに手にとってほしい武器だ。

【キャンペーン】
・+1箱プレゼント
・ヴィトックス リキッド プレゼント

【商品料金】
・1箱→12,800円
・2箱→24,550円
・3箱→34,560円
・5箱→51,200円

【特徴】
・国内男性向け通販サイト、25ヶ月連続売上No.1
・満足度96.5%
・実感速度、平均5日
・注文後2〜5日で届く

【デメリット】
・配送料がかかる
→沖縄・島を除き一律600円

【精志郎が物申す】
ヴィトックスαを手に取ろうとしているキミに2つ助言がある。
1つ目は、効果を望むのなら1日2粒を摂取すること。
2つ目は、もし手に取るなら3箱がベストだ。(キャンペーン中だと4箱になる)
実感速度が平均5日とあるが、個人的な経験だと正直2週間ほどかかった。
1ヶ月くらいでやっと「これはいい強壮剤だ」とかなり実感できた。
2ヶ月目で漢としての威厳を味わってほしい。
キミの健闘を祈る。

-精力・精力剤に関する疑問

© 2020 とある三十路の反退精力(レジスタンス)