セックスと精力の悩み

大切なのは大きさ?硬さ?ペニスはどっちの方がいいのか

ペニスの大きさや硬さというのは、男性の大きな悩みの一つです。

大きさも硬さも両方あるのが理想的ですが、特に大きさを重視している方が多いのではないでしょうか。

しかし本当にそうなのでしょうか?

ここでは大きさと硬さのどちらの方が本当に重要なのかということをお話したいと思います。

スポンサーリンク

セックスにおいて重要なのは女性の意見

ペニスの要素を語るには女性の意見が非常に重要です。なぜなら、ペニスとはセックスで使うものだからです。

セックスをしないのであれば大きさや硬さを気にする必要は全くありません。せいぜい銭湯などで人と比べて一喜一憂する程度です。

それはそれで男のプライドとして大切ではありますが、結局のところ自己満足、つまり自分一人の問題でしかありません。

しかしセックスとなれば話が変わってきます。

セックスというのは必ず相手が存在します。また、実際にペニスを使用する場面ですし、大きさや硬さなどの要素が自分だけでなく相手の気持ち良さなどにも関係してきます。

詳しくはセックスの悩みの記事でも書いていますが、セックス時の悩みとして大きさや硬さといったことで悩んでいる方は多くいます。

つまり何が言いたいのかというと、ペニスの大きさや硬さの重要性というのは自分一人の価値観で考えてもあまり意味が無いということです。

そして、大きさと硬さのどちらが重要なのかという事の答えは、「パートナーである女性がどちらを重視するのかという点にある」ということです。

女性が重視するのはどちらか

先ほど、ペニスの「大きさ」と「硬さ」のどちらが大事かというのは、「女性がどちらを重視するのかで決まる」と言いましたが、では実際に女性はどちらを重視しているのでしょうか?

週間SPAが運営している女性向けのインターネットニュースサイト「J・SPA(女子SPA)」のコラムによると、女性向けにインターネット調査を行ったところ女性がペニスで最も重要視する要素は、

1位「硬さ」(52.9%)
2位「太さ」(24.5%)
3位「長さ」(18.0%)

となったようです。

また、逆に最も重要視しない要素は、

1位「色」(58.2%)
2位「亀頭の大きさ」(30.0%)
3位「長さ」

となっています。

つまり女性は大きさよりも「硬さ」を重視する人が多いということです。

どうやら、いくら大きくてもフニャフニャだと気持ちよくないという事のようです。また、大きすぎても自分の膣とサイズが合わないため痛いといったこともあるそうです。

私も昔、お付き合いしていた女性に大きいのと硬いのだとどちらがいいのかと聞いたことがあります。その女性も「硬いほうがいい。大きさとか割とどうでもいい」と言っており、ホッとしたのを覚えています。

ちなみにですが、日本人のペニスの大きさは世界的に見て小さい部類ですが、硬さは世界有数と言われています。

この硬さについては信憑性の高い調査データがあるわけでは無いのですが、フランスのモンパルナスという地域の娼婦であるブリット・パレスさんは、長年の経験を活かして書き上げた『VivaJapanais』(1972年出版)という本の中で、「世界中の男性の中で、もっとも固くなるのは日本人」と日本男性のペニスを絶賛しています。

ちなみに、自国であるフランス男性については、「育ちすぎた鱈。サイズは大きいが挿入時にはグンニャリしていて、少しもよくない」と嘆いていらっしゃいます。

「大きく硬く」のカギは勃起力

女性が大きさより硬さを重視する、つまりセックスにおいて重要なのはペニスの「硬さ」ということですが、では硬さを向上させるにはどうしたらいいのでしょうか?

それには勃起力を向上させる事が重要です。そして勃起力の向上には血流を改善することが大切です。

そもそもペニスが大きくなる、硬くなる、つまり勃起するという現象は、ペニスに血液が流れ込むことによって起こります。

ペニスは海綿体というスポンジのような組織で構成されています。興奮するとその海綿体に血液が流れ込むことによってペニスは大きく硬くなるのです。

逆に言えば、半勃ちや中折れなどのようにペニスが勃起しにくかったり、しっかりと硬くならないといった様な勃起力の低下が起きている場合は血流が悪くなっている可能性があります。

これを改善するには、やはり血流を改善する必要があります。

効果的な対策としては運動や食生活の改善などがあります。筋肉量を増やして代謝を向上させたり、血行促進作用の期待できる食品を摂取するということです。

これによって硬さの向上だけでなく大きさの向上も期待ができます。

大きさの向上というと少し違いますね。正体不明の都市伝説?ペニスの増大は本当に出来るのかの記事で詳しく書いていますがペニスは、手術以外では本来の大きさ以上に大きくすることはできません。

しかし、勃起力の低下や精力の低下などが起こっている場合、たとえ勃起していても、本来の大きさよりも小さくなってしまっている場合があるのです。

勃起力や精力が回復すると、それが本来の大きさに戻るため、現状よりも大きくなる可能性があります。

つまり、勃起力や精力の向上がペニスの大きさと硬さ両方の向上につながるのです。

まとめ

ペニスは大きいよりも硬いほうがいいということでしたが、しかしやはり大きさを重視する女性もいますし、男性としても大きいほうが自信がつきますよね。

大きさも硬さも向上が狙えるので、ぜひ勃起力や精力の改善に勤めていきたいものです。

しかし運動や食生活の改善などは、忙しい現代を生きる私たちにはなかなか難しいものがあります。

そういった場合、精力剤を使うというのも手です。

精力剤は健康サプリメントです。要は栄養剤ですね。その中でも精力や勃起力などを特に重視した配合で作られているものです。

運動をする時間の確保できる方や食事管理のできるような食生活を送っている方には必要の無いものですが、そういったことができない方は利用することを考慮してもいいでしょう。

何にでも言えることですが、現代には便利な物がたくさんあります。これらを上手に活用して役立てていくことが大切です。

神器:"精力増強"の加護を受ける「ヴィトックスα」

"男性の威厳を取り戻す"
この一点においてヴィトックスαの右にでるものはないだろう。
100種類以上の有効成分をいれ、さらに長寿遺伝子をサポートするレスベラトロールを配合。
強壮剤として必要な成分を十二分に詰め込んでいる。
日々の活力に悩んでいれば、私としてはすぐに手にとってほしい武器だ。

【キャンペーン】
・+1箱プレゼント
・ヴィトックス リキッド プレゼント

【商品料金】
・1箱→12,800円
・2箱→24,550円
・3箱→34,560円
・5箱→51,200円

【特徴】
・国内男性向け通販サイト、25ヶ月連続売上No.1
・満足度96.5%
・実感速度、平均5日
・注文後2〜5日で届く

【デメリット】
・配送料がかかる
→沖縄・島を除き一律600円

【精志郎が物申す】
ヴィトックスαを手に取ろうとしているキミに2つ助言がある。
1つ目は、効果を望むのなら1日2粒を摂取すること。
2つ目は、もし手に取るなら3箱がベストだ。(キャンペーン中だと4箱になる)
実感速度が平均5日とあるが、個人的な経験だと正直2週間ほどかかった。
1ヶ月くらいでやっと「これはいい強壮剤だ」とかなり実感できた。
2ヶ月目で漢としての威厳を味わってほしい。
キミの健闘を祈る。

-セックスと精力の悩み

© 2020 とある三十路の反退精力(レジスタンス)